間違えないマッサージの注意ポイント!

リンパマッサージの効果を高める方法!

より良い効果を求めるには、身体の環境作りも大事です。例えば、リンパマッサージを行なう前にコップ1杯の水を飲むことや、運動することです。また老廃物をいち早く出すために利尿作用のあるハーブティを飲むことも良いでしょう。

小顔になるために気を付ける生活習慣ランキング

no.1

表情筋を使わない

顔を動かす筋肉を表情筋と言い、表情筋を使う機会をすくなくすると、筋力が衰え顔のたるみに繋がります。すると顔の下部分が大きく見え、小顔とは程遠い外見になります。なので、日頃から表情筋の運動をするように心がけましょう。

no.2

小顔や健康の天敵!睡眠不足

睡眠時間が短い人ほど、肥満傾向があります。睡眠時間が6時間程度の人は肥満になりやすい割合が約20%、しかし、睡眠時間が4時間以内であれば約70%にもなります。睡眠不足でホルモンバランスが崩れて新陳代謝が悪くなり、顔に水が溜まってむくみが発生して顔が大きく見えてしまうのです。睡眠は健康にも小顔にも必要なことなので注意しましょう。

no.3

ストレスを抱えてしまう

ストレスと小顔は関係性がないと思うかもしれません。実は、大きく関係してきます。それは歯を食いしばる行動です。ストレスで何かを我慢することで無意識に行なうとされています。そうすると表情筋が固くなって大きな顔に見えてしまうのです。

no.4

冷え性て困っている方

冷え性は血液の流れが悪くなり、顔に必要な酸素を十分に届けることができなくなります。そのせいで、むくみや老廃物を作り顔が大きく見えてしまう原因です。冷え性は小顔以外にも様々な原因になるので、小顔よりも先に冷え性改善をしましょう。

no.5

呼吸を鼻ではなく口で行なっている人

口呼吸は鼻呼吸している方に比べ、顔を大きく見せてしまいます。コレは表情筋を使っているかどうかが原因です。口呼吸に比べ鼻呼吸は意外にも表情筋を使うとされています。そのおかげで、顔の筋肉を衰えさせることがなくなり、顔のたるみ軽減となって小顔に見せる効果があるのです。

マッサージをする際の注意点!

レディ

やってはいけない逆効果の小顔マッサージ

小顔になるために様々な努力を積んできた多くの女性には、間違ったマッサージ方法を行っているひとも少なくありません。もし小顔になっても吹き出物やニキビ、肌が汚くなってしまう二次災害を引き起こしてしまいます。注意点を守って小顔マッサージを行ってください。

クレンジングとマッサージをは別々に!

2ツのことを同時に行なうと一石二鳥と思っている方がいます。もし行なっているならすぐにヤメてください。クレンジングで浮かせた汚れをマッサージすることで、顔全体に広げてしまう結果になります。だからクレンジングとマッサージは別々で行ってください。

リンパマッサージは最後まで行なうこと!

必ずリンパマッサージを行ったら、老廃物をリンパ節に流すことを心がけてください。もし流さないと吹き出物やニキビのような肌トラブルの原因となります。適当に終わらせないでしっかりとマッサージをしましょう。

強くこすってしまうマッサージはアウト!

強くマッサージすれば効率よくと老廃物が除去できると思っている方は、マッサージ方法を見直しましょう。強くこすると肌の摩擦によりシミの原因になります。そのためマッサージには必ずオイルを使用して、力が入りすぎないようにしましょう。

顔だけ意識していると小顔にならない?

小顔マッサージは必要ですが、それだけでは中々効果が上がりません。原因は体の歪みです。足を組んで座ったり、肩こりを無視していると骨盤や肩甲骨が歪み、その影響でデカ顔になると言われています。なので、骨盤や肩甲骨のマッサージも一緒に行ないましょう。

広告募集中